2017-09-15

WFTO フェアトレード認証

2016年10月、弊社は国際フェアトレード機関(WFTO*)の認証を取得し、フェアトレード事業を行う企業として認定されました。
*WFTO: : World Fair Trade Organization.

WFTO認証ラベルとは

商品の原料調達から生産まで、すべての工程で、世界フェアトレード機関(以下、WFTO)が定める社会、環境、ガバナンスに関する10の指針と約100の基準をクリアした団体に与えられる、第三者認証のラベルです。サステナビリティの3つの柱である、環境、健康・社会、経済への配慮が求められます。

本認証により、適切な労働条件、安全な職場環境、正当な賃金や支払い、児童労働の禁止、フェアトレードについての理解促進、オーガニックやグリーン電力など環境への配慮などの基準が守られていることが示されます。

弊社の東京事業所と、ザンビアのオフィス、工場に外部審査員が訪問し、評価していただきました。

【参考】
WFTO Webサイト(英語)
WFTO 10の指針(日本語。ピープルツリー社さまWebサイトへリンク)

旅行とフェアトレード

フェアトレードは欧州では既に認知度が高く、様々な商品に広がっていますが、最近は日本でもフェアトレードのコーヒーやチョコレート、洋服などを目にする機会が増えてきました。ファーストフード、ファストファッションからの転換が期待されています。

では「ファスト旅行」はどうでしょう。旅行業務は世界で最も大きな産業の一つです (2016年: 7兆ドル以上)。それによって環境への負担も大きくなっています (移動によるCO2排出、水の使用量、自然への負荷など)。しかも現地の人々や経済にはあまりメリットを生み出さない場合も多いと言われています。

弊社の取り組み

弊社の視察ツアーでは、滞在期間中の宿泊や国内の移動も、よりよい環境選択肢を選びます。環境に配慮したホテル(主に環境ラベル認定のホテル)、グリーンエネルギーの電車、バイオマスのバスなどを利用します。

ザンビアでは、訪問場所(村や農家など)の現地の人たちと協働し、企画実施をしています。現地の人たちの収入にもつながっています。

国際線の飛行機は、一番環境負担の大きなところです。その移動に関して、私たちは次の3つの環境負荷削減の方法を提案しています。

  1. できるだけ短いルートを選ぶ
  2. グリーンランディングを実施している空港を選ぶ
  3. カーボンオフセットの航空券を紹介(オプションとして)

フェアトレード認証の旅を選ぶことで、人、動物、森を守ることができます。一緒にサステナブルな社会づづくりを!

 

関連記事