One Planet Cafe logo

One Planet Cafe logo

SUSTAINABILITY

STUDY TOUR

サステナブルな未来を体験する

サステナビリティをキーワードに、
事業環境、価値観、ライフスタイル、
コミュニティが大きく変わりつつある今、
人と環境を守りながら、
社会と経済が発展を
続けるスカンジナビア・ドリームを
一緒に体験しませんか。

視察先にスウェーデンが
推奨されるつの理由

ツアーイメージ画像

BUSINESS &
SUSTAINABILITY

サステナビリティとビジネス

地球という大きな生命体を基盤として、私たちの暮らしやビジネスは成り立っています。
人類として安全に暮らせる地球の範囲と限界点「プラネタリーバウンダリー」を超える状況が
懸念される中、1つの地球の範囲内で、エキサイティングでサステナブルなビジネスの推進が求め
られています。」

サステナビリティイメージ画像

企業におけるサステナビリティ実践

サステナブルな社会の実現において、企業に求められる役割は拡大しています。
率先して取り組むことが新たな事業機会や優秀な人材確保、お客様や取引先との
強いリレーションシップ構築につながります。

サステナビリティイメージ画像

組織におけるサステナビリティ推進において、成功の鍵となるポイントは次の3つです。

POINT 1:

長期ビジョン(ありたい姿)と存在意義を明確にする

POINT 2:

アウトサイドインの視点で自社の重要課題と事業機会を整理する

POINT 3:

共感を生むコミュニケーションによって、社員、株主・投資家、お客様、取引先との関係性を強化する

  • 1 POINT

    長期ビジョンと存在意義

    (パーパス)
  • 2 POINT

    重要課題と事業機会

    (マテリアリティ)
  • 3 POINT

    コミュニケーション

    (リレーションシップ)

サステナビリティ経営の3つのステップと支援サービス

サステナビリティ対応におけるリスクとチャンス

取り組まないことによるリスク

リスク

事業機会損失のリスク

気候変動対策や人権・労働問題に対応しないことで、市場で選ばれないリスクが高まる。

規制上のリスク

サステナビリティに関する項目は国内外で規制および法制化が進んでおり、長期的に見て事業リスクがある。

信頼性の下落リスク

社会的な行動をしない企業は、あらゆるステークホルダーからの信頼を得られず、ブランド力の低下や評判管理コスト増大につながる。

取り組むことによるチャンス

チャンス

事業機会創出

社会課題の解決は社会の多くのステークホルダーのニーズであり、対応できれば新たなビジネス創出になる。

差別化

サステナビリティの視点で既存事業の社会性を高めると、新たな市場の発掘や顧客ニーズの充足が可能になり、差別化につながる。

信頼性の向上

社内外のステークホルダーの共感を生み出し、評判の向上につながる。

サステナビリティに積極的に取り組むことは、 リスク低減企業競争力の向上につながります

SUSTAINABILITY
SWEDEN

環境先進国における
成功事例

スウェーデンは福祉国家で有名ですが、環境取り組みにおいても世界をリードしています。
1980年代から手探りで始まった取り組みは、失敗や軌道修正も経ながら、社会と経済の強い発展へと導いてきました。
視察ツアーでは、先進事例はもちろん、その成功を支える枠組みや手法、アプローチ方法などについてもご紹介します。

世界に先駆けるスウェーデンの国家的「グリーン経済シフト」政策

世界に先駆けるスウェーデンの国家的「グリーン経済シフト」政策 図表

※出典:スウェーデン内閣府公式資料「GREENER MEANS RICHER」(2015)より図表を一部改変して作成

長年、経済発展と環境負荷は切り離すことができないと捉えられてきましたが、スウェーデンは経済を継続して発展させつつ、環境負荷を下げる「デカップリング」に成功した、世界でも珍しい国の一つです。
例えば、炭素税は世界に先駆けて導入を進め、温室効果ガスの大幅な削減に結びついていると同時に、数多くの新たな事業を生み出してきました。脱炭素にむけた世界の目標を前倒しして達成しようと、企業や自治体もさらに取り組みを加速しています。

炭素税の導入比較画像

「SDGs達成度状況」の比較(ランキング2023)

世界各国のSDGs取り組みの進捗状況を評価する「SDG Index」では、2016年の発表以来、
スウェーデンは常にトップ3位にランクインし世界をリードしています。
一方で日本は、年々ランキング順位が下降する経過をたどってきており、2023年には21位にまで後退した状況となっています。

スウェーデン国旗
スウェーデン 2位 86.0
日本国旗
日本 21位 79.4
A 達成している
SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像
SDGs画像 SDGs画像
B 課題を
残している
SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像
SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像
C 重要な課題を
残している
SDGs画像
SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像
D 非常に重大な課題を
抱えている
SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像
SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像 SDGs画像
「エコラベル/エシカル認証」制度イメージ画像

スウェーデン国内で広く普及が進んでいる
「認証ラベル」制度

環境・社会配慮型商品に付与される環境・フェアトレード認証は、人々の暮らしの中でサステナブルな選択を行うための大切な役割を担っています。認証ラベルの認知度は9割を超え、認証機関の間でもサステナビリティの質をさらに高めるために基準を上げる動きも出ています。

スウェーデン人の 約90% が環境・フェアトレード認証を
認知し購買時に活用
エコラベルロゴ画像 エコラベルロゴ画像
エコラベルロゴ画像 エコラベルロゴ画像
※ 日本国内ではいまだ「約20%」ほどに留まる リンク

「GDP」「幸福度」「女性活躍」等においても世界をリードするスウェーデン

環境だけでなく、経済や社会の豊かさや安定を示す指標でもスウェーデンはよい成果を上げており、
サステナビリティに関する包括的な取り組みが経済や社会への価値創出につながることを実証しています。
人口の大小に依存しがちな経済規模や総和指標であるGDPの観点からはつい見落とされがちな、
国家経済や社会構造の “質” という部分において、今の日本はスウェーデンを含めた北欧諸国から学べることが数多くあります。

スウェーデン国旗 スウェーデン 日本国旗 日本 アメリカ合衆国国旗 アメリカ
人口 1,052万人 1億2517万人 3億3353万人
国土面積 45.0万km2 37.8万km2 983.4万km2
GDP*1 5万6400ドル 3万4000ドル 7万6300ドル
幸福度*2 4位 51位 23位
再エネ比率(電力発電)*3 69% 24% 23%
女性の管理職比率(企業)*4 43% 14% 42%
男女平等*5 5位 118位 30位
報道の自由度*6 3位 70位 55位

1. World Bank('22)

2. World Happiness Report('24)

3. Our World inData('22)

4. ILO Stat('23)

5. Global Gender Gap('24)

6. World Press Freedom Index('24)

スウェーデン・
ミニコラム

TOUR PLANS

スウェーデン視察ツアー・
モデルプラン

視察ツアーでは、具体的な取り組み事例、新しい事業モデル、商品、サービスから、法規制の変化、コミュニティ形成、
異なるステークホルダーとの協働事例などをご案内します。
各テーマの旅程モデルは次の通りです。カスタマイズ企画も承っております。
なお全プラン共通として、共通変化への強さを支える教育や社会保障、人々の価値観、民主主義の実践などについてご紹介します。

モデルプラン

カスタムプラン

人数、予算に応じてカスタマイズいたします。

お客様のニーズに完全に合わせたカスタムツアーを提供しております

お問い合わせはこちら

PARTNERS パートナーについて

SUSTAINABLE HOTEL

ご宿泊先について

Scandic Hotel スカンディックホテル

世界初環境ラベル(スワンラベル)認定のホテルチェーン。スカンディックは、280ヶ所以上のホテルを有するスウェーデン生まれ北欧最大のホテルチェーンです。約2,000種類の環境や社会貢献の取り組みを導入し、赤字経営から黒字へと転換することに成功しました。取り組みは、全社員に対する環境教育、オーガニックやフェアトレード素材を使った朝食の提供、グリーンエネルギーの導入など、多岐にわたります。「自然に返すことができる部屋」をテーマとしたリフォームを全国で行いました。スカンディックホテルに滞在していただくことで、朝食から就寝まで、24時間サステナビリティを体験いただけます。

Scandic Hotel スカンディックホテル
ホテル客室

「自然に返すことができる部屋」をテーマにした客室

ホテル朝食

オーガニックや環境認証マークを取得した素材を多く導入している朝食

ホテル飲料水

使い捨てプラスチックを削減するため、ホテル内ではガラスボトルで飲料水を提供する

過去にご参加いただいた
企業・団体一例(敬称略)

エシカル協会、花王、サントリー食品インターナショナル、サントリーホールディングス、セブンイレブン、セブン&アイホールディングス、スコープ、電通ライブ、チョイスホテルズ、富士通、ホンダ技研工業、マルイ、武蔵野大学、山櫻、Lixil、リクルート、Jリーグ他

INTERVIEW

過去ツアー参加者様のご紹介

参加者の声 サムネイル画像
お名前: 末吉 里花さま
ご職業: 一般社団法人 エシカル協会代表
ご関心テーマ: エシカル消費
ご参加日: 2023/08/02 〜 2023/08/07
末吉梨花さんが参加されたツアーの
インタビューはこちら

ABOUT US

私たち、
ワンプラネットカフェ社について

エクベリ 聡子 株式会社One Planet Café
代表取締役
エクベリ 聡子 Satoko Ekberg

サステナブル経営・事業開発・人財育成支援において数多くの実績を持つ。欧州、ザンビア、インドのグローバルなパートナーシップを通じて、持続可能な発展に向けた事業開発支援を行う。産学官民の異なるステークホルダーが参画するネットワークの運営や、環境省環境人材育成コンソーシアムの企画、東北大学大学院の環境関連修士課程の開発*1などを経て、現職。企業の有識者ダイアログや鼎談のファシリテーション、CSR報告書の第三者意見にも携わってきた(一例:KDDI、味の素、カルピス、オリエンタルランド)。

ぺオ・エクベリ 株式会社One Planet Café
取締役・サステナビリティプロデューサー
ぺオ・エクベリ Peo Ekberg

スウェーデン出身。NGO環境団体のリーダー、ジャーナリストを経て、1997年にOne World(ワン ワールド)国際環境ビジネスネットワークを設立。20年以上の視察ツアーガイドの経験を持つ。日本全国で500回以上の講演、コラム執筆、スウェーデンの環境教材の翻訳などにも注力。2008年、イギリスBBCのWEBページHeroで、アル・ゴア元アメリカ副大統領やアルピニスト野口健氏と並び環境リーダーの一人として紹介される。2019年、国連のSDGs17目標のコミュニケーション・ロゴデザインの会社The New Divisionとの共同企画をスタート。

永江 早紀 株式会社One Planet Café
広報・企画
永江 早紀 Saki Nagae

長崎大学多文化社会学部卒。学生時代はジュネーブ国連事務局、ニューヨーク国連本部で行われたNPT(核不拡散条約)再検討会議準備委員会への派遣や、全国での平和出前講座など、核兵器廃絶運動に注力。また、ハワイのパールハーバーヒストリックサイトで平和教育インターンを経験。全世界で気候変動活動を行う若者団体、Fridays For Future の一員として福岡で活動。100人以上の気候変動マーチなどを主催する。2020年からOne Planet Caféの広報および企画を担当。

Company
社 名 株式会社 ワンプラネット・カフェ
設 立 2012年2月
資本金 800万円
取締役 代表取締役社長: エクベリ聡子
取締役: ペオ・エクベリ
本 社 〒105-6923
東京都港区虎ノ門4丁目1-1東京ワールドゲート23F
TEL 03-5776-6228
Mail hello(@)oneplanetcafe.com

Special Thanks

本サイトの画像を一部
ご提供いただきました。

©Hiroyuki Horigome