One Planet Cafe logo

blog | One Planet Café|ワンプラネットカフェ
ターゲットファインダー 購入ページへ
  • image05

    Banana Paper

    貧困とCO2を減らし、ゾウを増やす紙

  • image01

    Sustainability in Reality

    サステナビリティをリアルに

  • image02

    Target Finder

    ターゲット・ファインダー日本語版

  • image03

    Study Tours

    視察ツアースウェーデン

  • image04

    Study Tours

    視察ツアーザンビア

  • english
  • english

Hope and Sustainability

希望とサステナビリティのビジネスを

2030年のSDGs(持続可能な開発目標)の達成、そしてその先にあるサステナブルな未来づくりにむけて、世界は大きく変化しています。サステナビリティへの取り組みは、いまや企業や組織にとって、義務として取り組むものでなく、企業力を高め、新しい事業機会を生み出す、エキサイティングなテーマとなっています。
株式会社ワンプラネット·カフェは、長年のサステナビリティ経験があり、日本、スウェーデン、アフリカの拠点で事業を行なっています。サステナビリティの原理原則とスウェーデンの成功事例に基づき、地球一個分の資源の中で、世界の人々や生きものとつながることができる、希望あるサステナブル·ビジネスを支援しています。
2016年フェアトレード認証(WFTO)を取得、2020年には、経済産業省のSDGsに取り組む良い事例15社の中の1社に認められました。

Our Service

3つの事業を行なっています。

Lectures & HandsOn

講演・研修・ハンズオン

サステナビリティの本質であるルール(原理原則)から理解を深めるため、応用力と行動力が身につきます。SDGsやサステナビリティの基礎理解から、サステナビリティを切り口に成長する新しいビジネスやイノベーションの紹介、成果をあげる取り組みの秘訣など、グローバルに活躍する講師陣による講演および研修です。世界をリードするスウェーデンの具体的な取り組みも盛りだくさんでご紹介します。

View more

Study Tours

視察ツアー

「人生にとって最も大切な旅の一つになる!(ある参加者の言葉)」
サステナビリティを肌で感じ、体験できる視察プログラムです。視察地は、SDGs国際ランキングで3年連続世界1位となったスウェーデンと、生物多様性とリアルなアフリカの今に触れるザンビアです。

View more

Banana Paper

バナナペーパー

一枚の紙で世界を変える?アフリカの貧困問題を解決しながら、絶滅危惧種であるゾウを守り、森を守る。そんな、環境と社会に新しい価値を生み出す紙づくりを行なっています。日本の歴史ある和紙文化とのコラボレーションで誕生した美しいバナナペーパーは、日本初のフェアトレード認証の紙です。アフリカ・ザンビアには、ソーラーなどを活用したグリーン工場があります。

View more

SDGs 169 Target

SDGs 169ターゲット

持続可能な開発目標(以下、SDGs)は、2030年までに環境・社会・経済の主要な課題を解決し、サステナブルな社会の実現を目指しています。
17の目標と、169の「ターゲット」とよばれる詳細目標があります。

View more

Blog

ブログ

  • 計画停電とソーラーパネル設置

    (English below) ザンビアの雨季が明けはじめた3月上旬のこと、国営電力会社ZESCOから計画停電の知らせが届きました。 当初、雨季明けに送電網のメンテナンスを行うこともあるため、限定的だろうと言われていましたが、事態は思うより深刻でした。 昨年11月から今年3月までの雨季は雨量が少なく、ここザンビアの主食の原料であるとうもろこしが一部の地…

  • オフィスから森を育てる

    世界で取引されている工業用木材の33-40%が紙パルプ産業で使われている*1、という調査報告があります。私たちの暮らしの中で身近なコピー用紙や雑誌、カタログ、ティッシュペーパー、紙包装パッケージなどの原料として使用されています。 また、気候変動対策として脱プラの動きが世界的に広がる中、紙資源の役割はさらに高まっています。 一方、「2030年までに、人と地…

  • Nature Positive 生きものを守る、私たちを守る、ネイチャーポジティブ

    ここ50年間で、世界の人口は約2倍になりました。 一方、生きものの数は68%減少しました *1。 減少の主な理由として、人間の開発による森林や珊瑚礁といった生息地の破壊、化学物質等による水質、大気、土壌の汚染、食や資源を目的とした乱獲、気候変動の影響などが挙げられます。 生きものが生み出す価値は、生態系サービスと呼ばれ、私たちの暮らしに大きく関わってい…

View more