One Planet Cafe logo

Blog

ブログ

Our dreams みんなの夢

2012.08.14

バナナチームの大半は小学校にさえ行ったことがありません。

学校に行くこと。それはみんなの夢のひとつでした。

バナナ・ペーパー・プロジェクトでは、給料以外にも何かの形で村の人々に還元したいと考えていました。そこで、プロジェクトの収益の一部で先生を雇い、毎週の土曜日にOne Planet Café Zambiaで授業を行うことにしました。先生の名前はジョージ先生。

 「算数と英語を学びたい。」

バナナチームの皆の方から希望がありました。算数は日常生活に、そしてバナナ・ペーパープロジェクトのために必要だから。英語はエコツアーやサウスルアングア国立公園など、村を訪れる外国人の人々とコミュニケーションをとりたいからとのことでした。

今日学んでいるのは「w-spider」(when, where, who, what, which, how)を使って質問をすること。

ジョージ先生
 Where did you go yesterday? (昨日はどこに行ったのですか?)

ジョフリィ
 I went to the lesson. (レッスンに行きました。)

ジョージ先生
 Why did you go to the lesson? (なぜレッスンに行ったのですか?)

ジョフリィ
 Because I need to be educated. (僕には教育が必要だからです。)

普段はTシャツにジーパンのジョフリィが、今日はワイシャツにベストにスラッ
クス。皆の目も輝いていました。

image13448449756-thumb-400x266-208

ジョージ先生(写真左)

lsn01

image13448450839

算数の授業風景

lsn03

英語の授業風景。バナナチーム、左からビットリース、ルース、グレイス

lsn04

バナナチーム、ジョフリィ

▽バナナペーパーとは