Photo Report: Study Tour Sweden スウェーデン視察からのフォトレポート

Sweden is No1 on the global SDG Index ranking. 
2017年6月末、SDGs国際ランキング1位の国スウェーデンで視察ツアーを行いました。内容: ビジネス x サステナビリティ、ライフスタイル x サステナビリティ。

ENGLISH
We organized another Study Tour for SDGs in Sweden June 2017: “SDGs in daily life & business”. It was our 24th Sweden Study Tour in total, and the 3d with an SDG-theme.

JAPANESE
スウェーデンは (持続可能な開発目標) の国際ランキング1位の国です (SDG Index 2016)。社会や暮らしの中に浸透したサステナビリティを見学し、サステナビリティを統合している企業を訪問したり、質の高いエコホテルに泊まったり、スウェーデン人の家庭を訪問したりするこの旅は、他ではなかなか体験できない貴重な経験が盛りだくさんです。

 

PHOTO REPORT

img_4704

(ENG) Sustainability-talk at an eco labeled hotel in the World Heritage town of Visby.  (JPN) 世界遺産の街にある環境ラベル認定のホテルでの話し。

 

 

(ENG) 50%+ green electricity, 99% waste recycling, 25% CO2 reduction…and still theeconomy is growing. (JPN) 電力の50%以上はグリーンエネルギー、家庭ゴミのリサイクル率は99%、気候変動のCO2はすでにマイナス25%。環境負担全体が大幅に減っている一方で、経済は年々成長しています。

 

 

CITY  (SDG #11)

img_4357

(ENG)  Malmö City. Goal: becoming the worlds’ leading city for sustainable development by 2025!     (JPN) マルメ市は、「2025年までに、世界の持続可能な街づくりのリーダとなる」を目標に掲げている。

 

 

img_6679

(ENG) All buses in this city run on green fuels like green electricity and biogas made from coffee waste and banana peels. It’s possible to run 2 km on 1 kg of food waste! (JPN) 市内のすべてのバスは化石燃料ゼロ!電気、生ゴミ (バイオガス)で走る。1kgの生ゴミ=2kmほど走る。

 

img_4437

(ENG) Introduction Lecture about Swedens policy towards a Sustainable Society, at one of many Eco Hotels. This hotel was built in the 1800’s. (JPN) どんな街にでも、環境ラベル認定のホテルがある。そこの中で、持続可能な開発に向けたスウェーデンの政策についてのレクチャー。

 

 

BREAKFAST  (SDG #2, #3, #13)

img_6137

(ENG) An EcoHotel has to go through more than 150 targets to be Certified as an EcoHotel. Organic ingredients during breakfast is one of those targets. (JPN) 朝食。環境ラベル認定ホテルは150以上の基準があり、第三者が認定する仕組み。一つの基準はオーガニック朝食。

 

 

TRANSPORT  (SDG #9, #11, #13)

fullsizerender

(ENG) City planning: “Is a city for cars, or for people?” Hmmm. Makes you think! 30-40% of the population in many cities use bicycles. It adds economical-health-environmental benefits! Photo: “bicycle counter” to promote cycling.  (JPN) 「街は車のため?人のため?」のシンプルな疑問から、自転車を使いやすい街つくりを実現した。経済的な利点も出ている。写真: 自転車カウンター!

 

img_7179

(ENG) It’s called CYCLONOMICS! Bicycle access increase sales for shops and benefits to Society! Photo: Sustainability-communication! Can you get this bicycle parkings’ message?  (JPN) 自転車を使いやすい街つくり = 店の売り上げUp!サイクロノミクスと呼ばれている。写真: サステナブルコミュニケーション。この駐輪場の素晴らしいメッセージとは?

 

 

FASHION  (SDG #12)

(ENG) Visiting sustainable fashion brands. Here, CEO Kerstin Mühlow explains her ethical brand and ideas. Important keywords for sustainable Fashion: eco cycle, ethical, fair trade, organic, SDGs.  (JPN) サステナブルファッションのブランドを訪問。CEO Kerstin Mühlow氏の話を聞く。キーワードはエシカル、環境循環、フェアトレード、オーガニック、SDGs。

 

img_7266

(ENG) Sustainable Fashion, organic jeans-shop, ethical underwears and much more. This jeans-chain changed all their jeans to ORGANIC cotton without raising the price!   (JPN) サステナブルファッション、オーガニックのジーンズのチェーン、エシカル下着など。上記のジーンズチェーンは値段はそのままでオーガニックコットンへ切り替えた!

 

FOOD (SDG #2)

img_7288

(ENG) Time for lunch! How about a restaurant with a globally responsible CO2-menu?  (JPN) ランチ!サステナブルなランチの選択肢がおおい。写真: 各メニューにCO2排出量を表現するハンバーガーチェーン。これがGSR – Global Soicial Responsibility (世界的責任)。

 

 

img_7290

(ENG) Eco labeled seafood (MSC), vegetarian or organic food, windpowered burgers…? A lot of choices of delicious food for both you and Earth.  (JPN) 環境ラベルのシーフード (MSC)、オーガニックとベジタリアンパスタ、風力バーガー…あなたにも地球にも美味しいランチの選択肢がおおい!

 

PARTNERSHIP  (SDG #17)

img_4617

(ENG) Some of the participants. We organize both general and tailor made Study Visits in Sweden with a mix of participants from companies, universities,  and business leaders.  (JPN) ツアーの参加者と一緒に。視察ツアーinスウェーデンには会社員や大学生、経営者までさまざまな人たちが集まる。

 

 

img_4506

(ENG) SDGs is taken seriously. Photo: SDG education wall in a shopping mall… (JPN) ショッピングモールの中で、SDGsの紹介!

 

SHOPPING (SDG #12, #2, #13)

(ENG) Do you notice the green hand? A common department store shows their customers where and how to participate in Sustainability… (JPN) 緑の手!大手デパートでは「サステナビリティに参加するのはここ!」と大きく表示する。

 

(ENG) Fair Trade and Organic labeled bananas in almost every convenience store = the result of consumers’ power.  (JPN) 消費者の意識や力の結果: ドールのバナナもフェアトレードやオーガニック認定!全国のコンビニやスーパーで販売。もちろん、包装なし。

 

img_7298

(ENG) All Starbucks Fair Trade labeled? Also this a result of consumers’ awareness!  (JPN) 消費者の意識や力の結果: スターバックスもフェアトレード認定。

 

 

img_7295

(ENG) You can get organic and/or Fair Trade coffee and Organic Beer in all big supermarkets and many cafés! (JPN)  ほとんどのスーパーやカフェでは、オーガニックかフェアトレードのコーヒーやビールがある!

 

 

COMMUNICATION  (SDG #5, #10, #16)

img_7455

(ENG) Satisfied with your visit? Screens asking for your opinion…but it’s the way it asks that is amazing (next photo)!   (JPN) 訪問・サービスはいかがでしたか?お客さんの意見はスクリーンで集まるが、質問仕方がすごい (次の写真)。

.

img_7456

(ENG) Instead of the usual question “Man? Woman?” it asks “What identity are you?”. Alternative answers added to “Man/Woman” is for example “Others (fill in freely)”.   (JPN) 「男性?女性?」に追加している答(選択肢)は「その他」。

 

 

MOVING AROUND  (SDG #13)

img_7578

(ENG) Moving between cities, we use transport with green policies like this renewable energy train! Bringing your bike? No problems!  (JPN) 視察ツアー途中の移動もグリーン方針を持つ交通機関を使う。例えば、この再生可能エネルギー電車!自転車も持っていくことが可能!!

 

 

img_7405

(ENG) 2% of worlds CO2 is from the air industry, nearly 15% from the meat industry (Source: UN). Both industries are reducing CO2 in Sweden. The domestic air industry for example, aims at FOSSIL FREE FLIGHTS by 2030. It has already reduced CO2 by 24% since 2005.  (JPN) 世界のCO2排出量の2% = 航空業界。CO2のほぼ15%が肉産業 (出典: 国連)。両方の産業はCO2を減らしている。例えば、国内飛行機が2030年までに「化石燃料ゼロ」を目指しながら、CO2排出量はすでにマイナス24%達成した!この方針はきちんと伝えている (写真の下のポスターや機内雑誌)。