2017-09-13

RESULT 結果

バナナペーパー「ワンプラネット・ペーパー®」は、20以上の環境面、社会面での利点があります。世界が目指すSDGs(持続可能な開発目標)やフェアトレードの基準に従い、サプライチェーンでの「トレーサビリティ」(顔が見える紙づくり)の徹底を目指しています。
result

ワンプラネット・ペーパー®を通じて、ザンビアでは500人以上の暮らしを直接または間接的に支えています。2016年末、弊社は世界フェアトレード機関 (WFTO: World Fair Trade Organization)による認証を取得し、日本初のフェアトレード認定の紙プロデューサーとなりました。詳細はこちら


社会の利点(2017年6月現在)

  • 22人の女性・男性の雇用
  • シングルマザー、HIVポジティブなど社会的弱者の雇用
  • 45人の農家からの仕入れ (有機栽培の支援)
  • 150人以上の子どもの教育の支え(間接、累計’12年~)
  • 1000人以上がソーラーランプを利用
  • マラリア予防のための教育と蚊帳の設置
  • 安全な水の提供 – 工場でくみ上げる、安全な水を村の人たちにも提供(年間約50万リットル)
  • チームや村の人たちで緊急の病気や怪我をした人たちを診療所へ搬送

アフリカでは一般的に、一人の収入に対して約10人の家族や親類、近所の人々が支えられると言われています。ワンプラネット・ペーパー®によって、500人以上の暮らしが支えられています。

環境の利点

  • 森林保護につながる – バナナの茎の再生は1年以内 vs.一般の木は10年~30年
  • 生物多様性を守る – 絶滅危惧種の生息地の保護、密猟者を減らす
  • オーガニック農業の支援 – オーガニックバナナ農家のみから茎を買い取り
  • バナナ繊維の生産は化学物質ゼロ(オーガニック生産)
  • 紙生産での環境負荷の削減 – 和紙技術により、より少ないエネルギーや水で生産

実際の写真、左上から時計回りに: 有機栽培のバナナ農家、学校にいる子ども、近くにいるゾウ、村で使っているソーラー、マラリア予防の蚊帳を設置する、村の人たちへ井戸を開放

 

 

関連記事