2017-08-24

AFRICA アフリカ・ザンビアについて

アフリカには54の国々があり、人口はほぼ10億人です。
世界の人口の約15%はアフリカ人ですが、世界の貿易でアフリカが占める割合はわずか2%ほどです。その結果として、貧困の問題が続いています。

一方で、とても豊かな自然とエネルギー溢れる国民からなるアフリカは、地球での最もエキサイティングな場所の一つです。
マサイマラ、セレンゲティ…野生動物の国立公園で有名なアフリカですが、本視察ツアーで訪問するサウス・ルアングワ国立公園は、アフリカでベスト5 の国立公園の一つです。2017年、サウス・ルアングワ国立公園は国連により「世界初のサステナブル国立公園」に選ばれました。

ザンビア

南部アフリカにあり、8ヶ国との国境を持つ国です。73の部族が存在し、部族間でも結婚が自由に行われるなど、平和に共存しています。ザンビアはイギリスから独立以来(1964年)、一度も戦争・内戦を起こしたことがありません。大統領は民主主義によって選挙で選ばれます。

主な産業は、鉱業、農業、観光産業です。日本の10円玉の一部にもザンビアの銅が使われているそうです。美しい野生動物や世界遺産のビクトリア滝が有名です。

エイズやマラリアといった病気や貧しさによって十分な食べ 物やきれいな水が手に入らない人々も多く、ザンビアの平均寿命は55才(出典: 国連WHO 2011年)となっています。一方で、内戦がなかったことと、国やNGOなどによる動物保護のおかげで、素晴らしい野生動物や大自然が残っています。

基礎データ

面積:752.61千平方キロメートル(日本の約2倍)
人口:約1,621万人(2015年:世銀)
首都:ルサカ
言語:英語(公用語)その他、73部族の言語あり
宗教:8割近くはキリスト教、その他 イスラム教、ヒンドゥー教、伝統宗教
主要産業:鉱業(銅、コバルト等)、農業(トウモロコシ、砂糖、タバコ、綿花、オリーブ油)、観光
通貨:ザンビア・クワチャ(ZMW)

出展・参考:日本外務省Webページ

世界遺産のビクトリア滝

 

美しい鳥が数多く生息地

子ども達は学校が大好き。学ぶ意欲にあふれている。

 

関連記事