Sustainable Sweden Tour – サステナビリティ スウェーデン: 生レポート

今スウェーデンにいます。視察ツアー、今週スタート!

スウェーデンからの (ほぼ) 生レポートをする予定 (このブログページ)。
ぜひFollowして、シェアしてください!
 
サステナビリティの場合、スウェーデンは世界で最も積極的な国の一つです。
「1世代以内、サステナブルな(持続可能な) 社会を」目指しています。
その意味は、国連の基準でもある、主な「環境+社会+経済」の問題を無くすこと。

image-thumb-400x300-338-thumb-400x300-416-e1423744873804_b

 成功するかどうか分からないが、2020年までに石油ゼロの国を、2050年までに温暖化CO2排出量を100%削減を目指しておりこれまでの成果は、世界でもトップレベル。

例えば: CO2を17%削減、オーガニック農地16%、グリーンエネルギー約50% (バイオマスは今
石油の使用量より多い)、家庭ごみリサイクル率99%、などです。

◼︎ 世界で最も環境配慮型空港?
写真はストックホルム国際空港。昨日到着したばかり。

ここも、進んでいるエコポイントがたくさんあります:

・CO2排出量: 2020年までに、100%削減
・現在の空港で使用する電力: 風力、ソーラー。
・グリーンランディング: 世界初の空港として導入した (各フライトは450kgのCO2削減)
・空港内のゴミ: 96%リサイクル率
・空港と街をつなぐ電車やバス: 風力、水力とバイオ燃料 (菜種油)

つづく…