We are WFTO verified! フェアトレード認証取得

日本初フェアトレード認定の紙プロデューサーに!

2016年10月6日、株式会社ワンプラネット・カフェは、WFTO(世界フェアトレード機関 :World Fair Trade Organization)認証を取得し、フェアトレード事業を行う企業として認定されました。これで、日本初のフェアトレード認定の紙プロデューサーとなりました。

バナナペーパー事業を始めた2011年から取得を目指し、2014年から準備を進め、2年を掛けてついに実現しました。
応援してくださったバナナペーパーパートナーズ、サポーターズの皆さまに心から感謝します。

WFTO認証ラベルとは
原料調達から生産までのすべての工程で、WFTO(世界フェアトレード機関)が定める社会、環境、ガバナンスに関する10の指針と約100の基準をクリアした団体に与えられる、第三者認証のラベルです。
適切な労働条件、安全な職場環境、正当な賃金や支払い、児童労働の禁止、フェアトレードについての理解促進、オーガニックやグリーン電力など環境への配慮などの基準が守られていることを示します。貧困と環境問題を解決する商品ということを表しています。

弊社の東京事業所はもちろん、ザンビアの工場やバナナ畑にも外部審査員が訪問し、評価していただきました。

【参考】
WFTO Webサイト(英語)
WFTO 10の指針(日本語。ピープルツリー社さまWebサイトへリンク)

紙とフェアトレード
日本でも少しずつフェアトレードのコーヒーやチョコレート、洋服などを目にする機会が増えてきました。ファーストフード、ファーストファッションからの転換が期待されています。

では「ファーストペーパー」はどうでしょう。世界では毎日100万トン以上の紙が使われていますが、フェアトレードの紙は、世界でもまだほとんど見つけることができません。

世界では日本の1/3ほどの面積の森林が毎年失われていること、現在の紙の約9割が木を原料にしていること、発展途上国では多くの人々が森からの資源(燃料、食べもの、水など)に直接頼っていること、森はトラやゾウ、オランウータンなど絶滅危惧種をはじめ多くの動物のすみかでもあること、などを考えると森と人を守るフェアトレードの紙が広がっていくことが大切です。

ぜひご参加ください
ザンビア×日本のコラボレーションで生まれたフェアトレード・バナナペーパーを選ぶことで、人、動物、森を守ることができます。一緒に社会を変えていきましょう!

すぐにできること:
・フェアトレード・ペーパーであるバナナペーパーについて、仲間や家族に伝える
・バナナペーパーを使ってみる
 【紙】
 カット紙(A4サイズ他)
 - フェアトレード・ショップ One Planet 
 - ミヤザワ株式会社
 - 有限会社成瀬印刷
 
 大判紙・ロール紙
 - ミヤザワ株式会社
 - 株式会社山櫻 
 - 寿堂紙製品工業株式会社 

 【名刺】
 - 日新堂印刷株式会社(個人〜組織) 
 - 有限会社成瀬印刷(個人〜組織)
 - 合資会社髙田商会(個人〜組織) 
 - 株式会社ジェらートアイらンド(個人〜組織) 
 - カワセ印刷株式会社(企業・組織向け) 
 - 株式会社山櫻(企業・印刷業界向け)

 【シール、マスキングテープ】
 - 株式会社シール堂印刷 オンラインショップオリジナルラベル作成 

 【ペーパークラフト】
 - クラサワ 
 - フェアトレード・ショップ One Planet 

 【証書・証書ホルダ】
 - ミヤザワ株式会社

 【封筒】
 - 株式会社山櫻

 【ノート、ノベルティなど】
 - ミヤザワ株式会社

その他、バナナペーパー専用Webサイトもご覧ください。

スクリーンショット 2016-10-14 1.08.45